薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<薬剤部長の場合>

薬剤師の給料<薬剤部長の場合>

薬剤部長の給料はどのくらいなのでしょうか。まずその話に進む前に「薬剤部長」という言葉の定義を見てみましょう。私達の周りを見てみると病院と調剤薬局が別々に運営されているという場合も少なくありませんが、総合病院などの大きな施設では病院内に調剤薬局が設置されています。病院で診察を受けた患者には、病院内にある調剤薬局から直接薬が処方されます。このように調剤薬局を設置している病院には、薬剤部という部署が設けられています。この部署は病院内の調剤業務を統括管理しますが、そのトップに立つ人物が薬局長あるいは薬剤部長と呼ばれる人です。

このことからもわかるように薬剤部長は病院施設内の調剤業務の全ての責任を担っているため、当然他の薬剤師よりも給料が高く設定されています。どのくらい高いかの目安ですが、一般的に薬剤部長という役職は医師の次に高い位置付けとなっているので、給料もそれに付随して医師の次に高くなっています。薬剤部長の平均年収は約650万〜900万円と言われています。

しかし、同じ薬剤部長でも病院の規模によってその給料には大きな差があります。患者の数が増えればそれに伴ってそこで働く薬剤師の数も多くなり、扱う薬の量や種類も多くなります。外来患者と入院患者への薬の処方を合わせると薬の種類も膨大なものとなり、海外からのものも含め、処法の把握が大変困難なものとなります。そのような膨大な知識と経験を持ち合わせ、患者の命を預かり判断するという薬剤部長の責任は大変大きなものとなります。よって、医療施設の規模が大きくなればそれに従って薬剤部長の給料の額も増加します。一般的に400床以上の医療施設は大規模と見なされ、平均年収は約900万円ですが、200〜299床では約750万円、100床未満では約630万円となっています。

薬剤部長というのは経験と実績が大変重視される職業ですので、薬剤師としてのキャリアや以前どの医療機関でどのくらいの勤続年数があったかということも給料の査定に大きく影響します。勤続年数20年以上で年齢も50代という薬剤部長が多いのもそのためです。薬剤師の中でトップの給料をもらう位置に就くためには、長い年月が必要だと言えます。

薬剤部長は年収が高く、福利厚生が完備されており、定時に帰宅できるという良い条件がそろっている職業だと言えます。医師や看護婦からの薬に関する問い合わせに完璧に答えられる知識を持ち、他の薬剤師を統括し管理するリーダー性も求められ、そして患者の命を左右するような重要な判断も下せるほどの実績・経験が必要な職業ですが、それに見合った高い給料が支払われていると言えます。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!