薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<新規OPEN店の場合>

薬剤師の給料<新規OPEN店の場合>

薬剤師として働くのであれば、綺麗な調剤薬局で働きたい、病院ではなく患者に薬を直接渡すような調剤薬局で働きたいと考える方がいます。将来的に独立して調剤薬局の経営をおこないたいというのであれば、新規オープンの調剤薬局で薬剤師として働くとメリットはあります。また、昨今では調剤薬局よりもドラックストアの方が多く新規オープンしていますので、こちらで管理薬剤師として働くという手段もあります。

新規オープン店で働くメリットとしては、新規オープン店を成功させようと共通の目標ができますので、一体感が生まれやすくなります。また、人間関係も基本的には0からのスタートなので、職場になじめないということは少なくなる可能性が高いです。さらに、経営を学ぶことができるということです。現在、中、小規模の薬局はM&Aにより買収されていますので、そこで経営者と薬剤師の仕事をあわせておこなえる人物というのは非常に重宝されます。現在、法改正により調剤薬局業界は業界再編成の最中なので、管理薬剤師としてだけではなく経営者としての手腕を磨きたい場合、新規オープン店で働くことは有意義なことです。

ドラックストアに関しても新規オープン店は多くあります。たくさん開店させて、収益が見込めない店舗の多くを閉店させるのが現在のドラックストアの経営スタイルです。この点を見ますとドラッグストアの新規オープン店は、長期で安定して働けるかはわかりませんが、関連のドラックストアへ再就職も可能です。また、実務経験に関してもグループで研修を事前に行いますので、新卒でも研修面に関しては特別心配する必要はないかと思います。

では、気になる給料ですが、年収で調剤薬局の場合なら400万円〜650万円です。新規オープン店だからといって、給料が大きく変わるということはありません。ドラックストアは500万円〜600万前後になります。こちらも、給料の金額が大幅に変わるということはありません。ドラックストアには必ず薬剤師を1人配置することが薬事法にて義務付けられていますので、調剤薬局よりも給料の待遇は優遇されています。

基本的に新規オープン店に就職したいと考えても、すぐに見つかるものではありません。既存のドラックストアへ就職して新規オープン店への移動を狙うという手段もあります。また、既存の調剤薬局へ就職するよりも新規オープン店は作業が多くなりますし、トラブルやイレギュラーな事態が多く発生します。それらの難問をクリアしていきますので、やりがいはあるのではないのでしょうか。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!