薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<製薬企業(MR・学術・研究職など)の場合>

薬剤師の給料<製薬企業(MR・学術・研究職など)の場合>

医薬品を製造・供給する企業には薬剤師が勤務していなければならないことが決まっています。薬剤師資格保有者の約15パーセントの方が製薬会社に勤務しています。そして、薬剤師として製薬会社に勤務している場合は、400〜800万円が一般的な年収とされていますが、ここでは職種別に見た勤務内容や待遇面を紹介します。

製薬企業に勤務する薬剤師の中で、医薬情報担当者として病院などの医療従事者を訪問し医薬品の情報の提供、収集、伝達を行うのがMR職です。MR職の中で薬剤師資格を持っている人は全体の約1割程度です。ある調べによると、MRの平均年収は656万円とされており、調査対象の職種の中でも上位のランクです。もっとも、製薬会社の給料は全体的に高めなのも特徴です。MRの新卒採用は約100倍の難関とされており、それだけ人気がある職業ともいえるでしょう。日本におけるMR数はおよそ6万人で増大傾向になっていることに加え女性も増加しています。但し、平均年収656万円と一口にいっても給料待遇は大手と中小製薬会社によって変わり、大手の場合40代で1000万円を超える場合もある一方、中小では平均年収が500万円ほどの企業もあります。

医薬品の情報やその関連情報を調べて、社内のMRや医師などに伝える仕事として製薬企業に勤務している学術薬剤師という職種もあります。給料は当然企業によって違いがありますが、最近は300万円から500万円の求人が多いようです。病院の薬剤師より少し高く、調剤薬局の薬剤師より少し低い給料ですが、製薬会社勤務ですので給料以外で見て福利厚生面はしっかりしており、休日を取れるなどがメリットと言えるでしょう。

さらに、製薬会社に勤務する薬剤師の職種に研究職があります。製薬会社の研究職は企業の根幹とも言える新薬の開発に携わる仕事ですから、採用時においては能力がある人材であると見極められなければなりません。そして、大学院卒が条件とされている場合が多く非常に採用枠が少ない難関です。しかし、大手製薬会社の研究職では年収800万円も不可能ではありませんので、意欲があればチャレンジする価値はあります。

では、どのようにすればさらなる給料アップを可能にできるのか。企業に属しているのですから、当然出世することが条件です。例えばMRの場合は今まで付き合いがなかった病院への新規参入を決めたりすると著しい評価が得られることになります。また、ドクターを含めた病院関係者との信頼関係を築くことも大事です。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!