薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<大手企業の場合>

薬剤師の給料<大手企業の場合>

薬剤師に限らずどの業界でも、多くの場合中小企業よりも一部上場しているような大企業の方が、福利厚生の充実度や収入の面で有利になります。薬剤師が勤める企業の中では、全国展開しているような大手のドラッグストアや調剤薬局、製薬会社などは、高収入が得られるということで、薬剤師求人の中でも常に人気が高いジャンルとなっています。一般的な薬剤師の年収は500万円から600万円が相場となっていますが、大手企業の場合だと、600万円から800万円くらいが基準となっています。この中には、各種手当やボーナスなども含まれていますが、常に安定して高収入が得られますので、自分のスキルや経験をしっかりと評価してもらって、良い収入を得たいと考える人にはぴったりでしょう。

特に、外資系の製薬会社などは、実績に応じた給料額の決定がなされていますので、しっかりとした実績を残せば、さらなる高収入を期待することも可能です。もちろん、競争が激しい風土がありますので、もし他の社員がより高い実績を上げていれば、当然評価が落ちてしまって、年収も下がってしまうことになります。しかし、自分の頑張りがストレートに年収という形で評価されますので、やりがいを感じることができるでしょう。薬剤師のスキルは、個人の勉強と経験によって伸びていくものですので、仕事に真剣に取り組むとともに、常に向上心を持って勉強を続けていくことによって、より高い給料を目指していくことができます。

大手企業に勤めることのメリットは、このような高い収入が挙げられますが、給料以外のメリットもあります。福利厚生が充実しているというのがその一つで、快適な環境で仕事を進めていくことができる上に、自分らしい生活を送るための助けともなります。確実に休暇が取れることや、長期休暇制度が設けられていること、やりがいのある仕事を楽しむための様々な企業内活動などが取り決められています。また、社員用の保養施設なども充実していて、プライベートの時間も楽しく過ごせる環境が用意されています。こうした福利厚生の制度は直接お金に換算することはできませんが、これらの環境を得るためにかかる費用や手間を考えると、給料にプラスして大きな利点となります。それで、大手企業に勤めることによって、目に見える高い給料だけでなく、副次的なメリットも得られることになり、充実した生活を送るための素晴らしい環境を手に入れられるのです。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!