薬剤師給料トップページ > 都道府県別の薬剤師給料の相場

都道府県別の薬剤師給料の相場

薬剤師として働いてきたが、年収に不安が出てきた。このような問題を抱えている方も多くいらっしゃることと思います。薬剤師になるためには、大学に入学しなければなりませんが、その難易度は非常に高く、大学に入っても6年間の勉強が必要。その対価として、高い給与を期待するのは当然の心理です。

では、都道府県別に見ると、薬剤師の給料の相場はどのようになっているのでしょうか。大きな特徴としては、薬剤師の数が少ないと言われている地域では、給料が高くなっており、逆に足りている地域では、給料が低くなっているという傾向があります。一般的な職種や業種では、東京や大阪での給料が高くなっているのですが、薬剤師の給料にはその傾向がありません。一番高いのが山口県で691万円。一般的に高いと言われる東京では、507万円となっており、全国的に見てもそれほど高くはありません。

次いで給料が高い都道府県は、秋田県。634万円となっており、その次は鳥取県の633万円です。その他にも、青森県や福島県、島根県と比較的に地方である地域の給料が高くなっていることが特徴です。その一方、最も給料が低い県は香川県で、383万円。最も高い山口県と比べると308万円もの年収の差があります。この点を見ると、「給料が高い地域は地方である傾向がある」のですが、必ず高いとは言いがたい状況になっています。この原因としては、薬剤師の充足によるものだと言われています。

また、薬剤師は勤務先によっても給料が大きく異なります。薬剤師の勤務先は代表的なもので、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社に分類することができます。最も高い給与は、製薬会社。約400万円〜800万円と言われています。次いで高いのが、ドラッグストア。約400万円〜700万円程度と言われています。調剤薬局と病院はそれほど差がありません。両方とも約400万円〜650万円程度となっています。

ドラッグストアに関しては、店長クラスなど昇進すれば給与も上がって行くような形になっています。またチェーンによっても差があるのも現状です。勤務している人が最も多いのは、調剤薬局やドラッグストアなどのお店勤務の薬剤師。同じお店であるのに、これだけの給与の差があることが特徴です。製薬会社はおおむね高い給料ですが、その反面、研究職の採用枠が少ないのが現状。また営業職(いわゆるMR)は薬剤師ではなくてもできるのが特徴です。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!