薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料の頭打ち

薬剤師の給料の頭打ち

働き始めてから、ほとんどの人が定年まで働き続けます。その傾向は特に専門職で強く見られます。長く働くのであれば、生涯でどれくらいの年収がもらえるかも重要な点。業界や職種によって、給料の変化率は大きく異なります。では、薬剤師における給料カーブにはどのような特徴があるのでしょうか。

まず薬剤師の給料の特徴としては、初任給が高いことが挙げられます。特に調剤薬局やドラッグストアの初任給が高いと言われています。地域や会社の規模によっても大きく異なりますが、年収で見ると400万円〜450万円程度の年収になっている所が多いそうです。30代半ばになると、450万円〜500万円程度、40代以降になると、500万円程度であり、ここで頭打ちする薬剤師が多くなっています。その他の業種、例えば、公務員や銀行員を見ると、初任給はかなり低めになっているのですが、その年収はだんだんとアップし、40代以降では、1,000万円弱の年収になるところもあります。生涯で比べると薬剤師の年収は少し低めになっているのが特徴です。

ただ、先の試算は能力や出世がない場合での試算です。しっかりと実績を積み、能力を上げて、ステップアップを行なうと年収800万円代も可能。また薬剤師という専門性を活かして独立することも一つの方法。薬局を開業して、その事業が上手く行けば、年収1000万円どころか1億円も夢ではありません。

ちなみ他の大企業と比べると、生涯給料が高いのはやはり大企業。30歳のモデル年収を見ると軒並み800万円以上もらっている企業ばかりです。薬剤師として働き続ける上で、どのようにして給料アップを目指すのかというと、一つは転職をするということです。転職する際に、その企業で働き続けること、また年収が上がる見込のある会社とはどのような特徴があるのかというと、10年後も働き続けることができるような成長性のある会社です。参考基準としては、薬局数(店舗数)の増加数です。景気がよくないこの状況下で、着実に店舗数を増加させている会社は、資金が豊富かつ薬剤師も多数在籍していると言えるでしょう。

また薬局業界を見ると、調剤薬局は飽和状態になっていることもあります。つまり生き残れる薬局とそうでない薬局が出てくることが予想されます。すべての薬局がチェーン店になることはないと思いますが、占有率は現状を見ると増加傾向にあります。また調剤薬局でもたくさんの処方箋を受け付けている地域の病院と上手く連携している薬局は強いでしょう。このような会社が10年後も働き続けることができる企業の特徴と言えます。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!