薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<公務員の場合>

薬剤師の給料<公務員の場合>

公務員として薬剤師の仕事をすることができます。ですが、この働き方でどの程度の収入が見込めるかをわかっていなければ、魅力を感じられないでしょう。では、公務員として薬剤師の仕事をするにあたって、どの程度の収入を見込めることが出来るのか、またその特徴についてどのようになっているのでしょうか。

まず公務員の中でも国家公務員を見てみましょう。そもそも薬剤師として働く場合は医療職に該当します。国家公務員の給与は法律によって定められており、職務の複雑さや困難度、責任の重さに基づいて決められています。これは職務給の原則とも言われています。この点に補足する形で諸手当があります。初任給で見ると、手当を含めて約20万円、ボーナスが二回分合わせて80万円程度支給されるので、年収計算で320万円ほどになります。6年制の薬剤師卒業者であれば、月給が約22万円となり、年収は350万円ほどになるでしょう。

意外なことに、公務員としての薬剤師の給料は一般の公務員(行政職)と比べて少し低めになっています。平均給与を見てみると、行政職の平均月給は約38万円に対し、薬剤師の平均月給は約37万円です。年齢別に見ると若いころは薬剤師の方が給与が高くなっていますが、30代後半になると逆転し、結果的に50代を超えると、行政職が約57万円、薬剤師が約46万円とかなりの金額差になります。ちなみに平均でみると、公務員としての薬剤師の平均給与は500万円〜600万円であると言えるでしょう。

東京都の公務員・薬剤師の給料を見てみると、年々給料は上昇していきます。あるモデルを参考に年収を見てみると、25歳独身の係員の年収は350万円程度。40歳の係長配偶者あり、子供二人のケースを見ると、年収は760万円程度。45歳課長になると、1060万円程度。50歳部長になると、1270万円とかなりの金額まで上がります。ただ、公務員として薬剤師の仕事をするということは、患者さんと直接関わることはほとんどありません。基本的な業務としては、薬事衛生や薬事行政の担当官であることがほとんどであると思われます。

公務員として薬剤師の仕事をする上で給料が高いことはこの点を見てもわかるでしょう。ですが、基本的な業務として調剤を行なったり、患者さんに診察をしたりなど、直接的な薬剤師の業務はほぼ出来ません。そのような業務を長きに渡ってしていきたいと思う方は、あまり向いていない職種なのかもしれません。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!