薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<化粧品会社の場合>

薬剤師の給料<化粧品会社の場合>

薬剤師はいろいろな企業で活躍していますが、化粧品会社という一見薬剤師とはあまり関わりがないようなところでも働いています。化粧品メーカーは、お客さんの肌に直接触れる製品を扱っていますので、万が一アレルギーや肌のトラブルを引き起こしてしまっては大変なことになります。また、化粧品の中には、粘膜に触れたり口に入る可能性があったりするものもあります。そのため、人体の中に入り込んでも害を及ぼさないかどうかのチェックをすることも重要です。

こうした安全な化粧品を作るためには、人体と薬に関する豊富な知識を持つ薬剤師の役割はとても重要なのです。そのため、どの化粧品会社でも、ある程度の数の薬剤師を雇用しています。主な仕事としては、品質管理や商品開発、工場での管理作業などがあります。こうした業務のほとんどは、薬剤師の資格がないとできないというものではありませんが、薬剤師が持つ専門知識がないと安定した生産活動ができないということもあり、必要性がとても高いものです。

このように、化粧品メーカーでの薬剤師の働きはとても重要な位置を占めるため、高い評価を受けていて、高収入という形でその評価が表されています。一般的な薬剤師の年収は500万円ほどですが、化粧品メーカーに勤める薬剤師は、700万円から800万程度をもらっているのが普通です。こうした化粧品会社は、大手のメーカーが多いので、全体的に給料水準が高いので、安定した収入が約束されています。

また、化粧品会社に勤めるメリットは、高い収入だけでなく、福利厚生の充実にもあります。女性が働く割合が高いということもあり、出産休暇や育児休暇などの休暇制度がしっかりとしていますが、実際に休暇取得率も他の企業よりも高い傾向にあります。また、ストレスを軽減し、快適で満足のいく仕事ができるようにと、社内にメンタルケアを行う専門家が配置されていることが多くなっています。さらに、会社の中に託児所を設けていることがかなり多いので、結婚、出産後も問題なく働ける環境が整っているのもうれしいところです。こうした充実した福利厚生の制度は、給料が高いということ以上に重要だと考える人も多いので、化粧品会社の薬剤師求人は常に高い人気があります。女性の割合が多いので、女性にとって働きやすい雰囲気が保たれているというのも人気の理由で、高収入という恵まれた雇用条件と併せて、メリットが多い職場だと言えるでしょう。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!