薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<県立病院の場合>

薬剤師の給料<県立病院の場合>

薬剤師の仕事の中でも、大きなやりがいを感じながら働けると言われるのが、病院勤務という業務です。以前は、病院に勤める薬剤師というのは、病院内の薬局で患者さんに処方された医薬品を手渡すだけというのが一般的でした。しかし、医薬分業が進んでいることや、医療の現場にも積極的に薬剤師が関わるようになっているため、薬剤師が医師とチームになって、処方する薬の相談をしたり、投薬管理などを行ったりすることが多くなっています。自分のスキルや経験、知識を患者さんの治療に役立てられるという仕事は、薬剤師にとって大きな喜びとなりますし、治療が順調に行った時は満足感を味わうことができるでしょう。

薬剤師が働く医療機関のタイプは様々です。一般の県立病院などの公立病院や大学病院、民間の個人病院など、総合病院もしくはある程度規模の大きな病院であれば、ほとんどの病院で薬剤師が第一線で働いています。雇用条件は薬剤師全体の平均とあまり変わることがなく、給料水準も並みといったところです。年収にすると、500万円から750万円が相場となっています。県立病院の場合は、自治体によって給料水準が大きく変わりますので、どの病院でどれだけの給料が出されているかをしっかりと確認してから、自分が考えている病院の年収は平均的なものかどうかをチェックするようにしましょう。

県立病院に限らず、多くの医療機関における薬剤師の業務はハードになりがちで、毎日忙しい日々を送ることになります。病棟勤務がメインとなれば、夜勤や休日出勤も普通のこととなることも珍しくありません。こうした激務の割には、給料が並みですので、少し割が良くないという印象を持っている人も多くいます。確かに、体力的にも精神的にも仕事のキツさを考えれば、年収はそれほど高いとは言えません。しかし、病院勤務を志望する薬剤師は、患者さんと直接触れ合って、自分のスキルを治療のためにフルに用いたいと考えているケースが多いので、仕事から得られるやりがいを収入より重要なものとみなすものです。

もちろん、仕事からやりがいを感じることができて、その上給料が高ければ言うことがありません。自治体によって基準が異なりますので、一概には当てはまりませんが、大都市の病院の方が全体的に給料が高めです。また、逆に過疎化に悩んでいるような地域の県立病院が、医療スタッフがしっかりと確保できないという理由で、高収入を提示していることもあります。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!