薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<医薬品卸業の場合>

薬剤師の給料<医薬品卸業の場合>

薬剤師としての職場は色々と選択肢があると思いますが、その一つとして、定年まで安定してという形でしたら、企業体の一つである医療卸業界への就職も一つの手だと思います。医療品卸業というのは、製薬会社から医療品等を仕入れ、それを調剤薬局、病院へ販売していくという、いわゆる医薬品の商社のような役目をする会社です。医療卸業界は薬事法により管理薬剤師を置くことを必須としており、採用数はそんなに多くはないようですが、欠員募集や新規採用をしている企業も地道に探せば出てくることあります。

初年度の年収は400万円位から始まるようですが、医療卸業界自体が、一般企業と比べて高水準の給与体系であることが多く、勤続年数の少ない段階でも年収400万円〜600万円、それに加えて資格手当が加わることも多いですから、同じ同僚の給与水準と比べても高額な年収になることが多いようです。年収のみならず、その勤務体系も企業の規定によりますが、土日祝は休日で残業も少ない職場が多いですから、男性のみならず、将来子育てしながら努めたいと希望する女性にとっても、好待遇の職場といえましょう。

求人数も多いわけではないといっても、検索してみると年収が700万円超という求人も見られますし、転職率が高いわけでもありませんが、中高年であっても、それ相応の医薬品に対する知識や経験等を備えている人は、企業側のニーズも高いので、年齢問わず就職できる可能性はあります。管理職クラスになれば年収1000万円超もありますので、資格者でそれなりの知識・経験を持っている方でしたら、地道に転職情報をチェックしてみることをお勧めいたします。

ただし、仕事内容は、本社・支社では、医療品情報管理業務や医療機関、医師等からの問い合わせ対応業務、工場では品質管理や商品分析業務、倉庫内になると在庫管理業務といったように、人との対面業務は少なく、得てして地味な業務内容といったことが多いので、調剤薬局で対面接客業をされていた方でしたら、違和感があるかもしれません。半面、自分のペースでできるという業務内容も多い上、キャリアを積めば昇給も望めますから、安定した年収を保つことができることが何よりの利点でしょう。昨今の医療卸業界の合併・再編等企業側の都合で右往左往させられることもありますが、薬剤師という資格を生かして地道にキャリアアップを図っていけば、一つの企業に留まることなくとも、高水準の年収を確保することができる業態だと考えられます。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!