薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<一人薬剤師の場合>

薬剤師の給料<一人薬剤師の場合>

薬剤師の給料と一言で言ってもその金額は様々です。「一人薬剤師と」いう言葉の意味は御存知の方も多いと思いますが、他の薬剤師と共に働くのではなく、ドラッグストアなどで一人だけで調剤などをする薬剤師のことを指します。よって、それだけ責任の重い仕事であると言えます。そして、その責任の重い職業である一人薬剤師の給料は、様々な要素によって大変幅があることがわかっています。

まず、一人薬剤師の中でも6年制の大学の薬学部を卒業した人の方が、以前の制度であった4年制の大学の薬学部を卒業した人よりも給料は高くなっています。6年制の新卒の年収は350万円前後で4年制より50万円ほど高くなっています。また、公務員の薬剤師よりも民間の薬剤師の方が給料は高くなっています。

都道府県別によっても給料に差が出ています。給料の額は薬剤師の需要と供給に関係が深く、薬剤師の数が多く存在する都会は薬剤師が不足している地方よりも給料が低い傾向にあります。しかし、地方でも薬剤師が充足していれば給料は高いとは言えない状況になっています。

勤務先によっても給料は大きく違って来ます。代表的な勤務先として、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社がありますが、一人薬剤師はその中で一番給料が高い傾向にある製薬会社に勤めることは稀だと言えます。その次に高いと言われるドラッグストアに勤務している一人薬剤師は多く存在していますが、ドラッグストアはチェーン店によってもその給料に差があります。調剤薬局と病院の給料にはそれほど差はありません。

男性と女性の給料の間に大きな差があるというのも事実です。薬剤師には女性の占める割合が大変高くなっていますが、男性の年収の方が60万円ほど高くなるような状況も頻繁に見られます。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、学校薬剤師という一人薬剤師も存在しています。学校保健安全法という法律により、大学を除く国公立・私立の全ての幼稚園・小・中学校・高校や高等専門学校と盲学校・聾学校・養護学校などに置くことが義務付けられている薬剤師です。 この職業は非常勤として扱われるので、勤務日数も少ない代わりに支払われる金額も少なく、教育委員会から学校薬剤師に支給される金額は年間8〜15万円です。しかし、生徒の健康面について大きな責任を担う職業だと言えます。

調剤薬局で働く一人薬剤師は多いですが、勤続3年ほどたつと薬剤師全体としての平均年収約500万円に到達するというのが一般的です。このように一人薬剤師の給料と一言で言っても大変大きな幅があるということがわかります。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!