薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<派遣の場合>

薬剤師の給料<派遣の場合>

薬剤師の業務は資格保有者しかできないものがたくさんあります。そのため、資格を持つスペシャリストはどこでも仕事を得ることができます。薬剤師が働く企業の種類はたくさんあり、製薬会社、ドラッグストア、調剤薬局、医療機関、官公庁など様々です。また、雇用のスタイルもいろいろなものから選択することができて、それぞれの生活に合わせた働き方ができるという魅力があります。正社員はもちろんのこと、契約社員やアルバイト、パートタイムなどの雇用形態を選ぶことができます。中でも人気なのが、派遣社員という働き方です。

派遣社員として働くことのメリットは大きく、たくさんの薬剤師が派遣で働いています。まず、自由度が高いというメリットが挙げられます。社員のように会社に縛られることなく働けますし、就業時間もしっかりと決まっています。激務になりがちな薬剤師の仕事でも、残業や休日出勤を回避することができますので、プライベートの時間をしっかりと保ちながら働けるという魅力があります。また、家族持ちの人であっても、仕事と家族のための時間を分けることができますので、仕事と家庭の両立が容易になるのです。薬剤師は全体的に女性の割合が多い傾向にありますが、結婚したり出産したりしても、派遣という形であれば仕事を続けられるケースが多いので、せっかく頑張って培ってきたスキルを無駄にすることなく、利用し続けていくことができるのです。

そして、派遣社員は自由度が高いのに、給料が高いというメリットもあります。ほとんどの場合、派遣は時給計算で給料が支払われますが、だいたい2,000円から2,300円が薬剤師の相場となっています。もちろん、働くエリアや勤める会社の規模にもよりますが、2,000円を下回ることがほとんどないので、しっかりと稼ぎたいという人にもピッタリの雇用形態と言えるでしょう。

派遣社員という形でも、半年以上などある程度の期間働き続けられれば、福利厚生の制度を利用することができるようになります。有給休暇や雇用保険などが適用されることになりますので、万が一仕事を辞めなければならなくなっても安心ですし、病気などで休暇を取らなくてはいけない時も、しっかりと有給を使うことができます。契約期間が続く限りは、良い収入を得ながら良い条件で働けますので、派遣社員というスタイルで薬剤師のスキルを活用するのも良いでしょう。何かとメリットが多い雇用形態ですので、一考の価値があります。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!