薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<学校薬剤師の場合>

薬剤師の給料<学校薬剤師の場合>

学校薬剤師とはあまり聞きなれない言葉ですが、実は学校保健安全法により大学を除く国立・公立・私立のすべての幼稚園・小学校・中学校・高校や高等専門学校と、盲学校・聾学校・養護学校などの特別支援学校に学校医や学校歯科医とともに学校薬剤師を置くことが義務付けられています。

学校薬剤師の仕事は生徒たちの健康相談や保健指導などを行うことと、喫煙・飲酒・薬物などの乱用防止教育や薬の正しい使い方の指導を行います。さらに学校が快適で安全な環境であるように、学校の水や空気などが汚染されていないかどうかを調べます。また学校で使用する医薬品・毒物・劇物や、保健管理に必要な用具や材料の管理に対して必要な指導や助言も行います。

また学校環境衛生基準に基づき、教室の換気・保温・採光・照明・騒音などの環境管理も、学校薬剤師の仕事のひとつです。これら以外にも飲料水やプールの水の水質検査や、教室などの施設や設備にネズミなどの衛生害虫がいないかを定期的に検査します。生徒たちの健康相談も、身体だけではなく心の健康に関する相談も行います。

学校薬剤師は学校の非常勤の職員で、薬剤師の資格があれば教育委員会の任命または委嘱で誰でもなることができます。しかし実際には教育委員会では各区市町村の学校薬剤師会に推薦された人を、学校薬剤師として任命しています。そのため自分で薬局を経営していたり、薬局の管理薬剤師や薬局長クラスで市町村の薬剤師会の正会員であることがほとんどです。

学校薬剤師は学校の非常勤の職員なので、市町村によって勤務日数も異なっています。例えば東京都の場合ですと学校薬剤師の勤務日数は月1日ですが、学校によっては年に3〜4回といった学校もあります。教育委員会から学校薬剤師に支払われる金額は、年間に8〜15万円程度です。

学校薬剤師は非常勤の職員扱いで支払われる金額も少ないのですが、生徒たちの環境面での安全を守る責任ある仕事です。そのため学校薬剤師の仕事はアルバイトやパート感覚でやれる仕事でもありませんし、支払われる金額を考えるとアルバイトやパートでやる薬剤師の方もいない思います。

もし学校薬剤師の仕事に興味がある方は各市町村の教育委員会か薬剤師会か、都内の場合は一般社団法人東京都学校薬剤師会のホームページでお問い合わせしてみてください。子供が好きでボランティア精神がある方には、いいかもしれません。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!