薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<独立行政法人の場合>

薬剤師の給料<独立行政法人の場合>

薬剤師が活躍できる現場の一つとして、独立行政法人で働くという方法があります。これは調剤だけを行なう薬局やドラッグストアとは異なります。またその給料も気になる所だと思います。では、独立行政法人で薬剤師として働く際の給料やまたその具体的な業務はどのようになっているのでしょうか。

独立行政法人で薬剤師として働く場合の平均給料は、400万円〜800万円と言われています。一般的な病院での給料が400万円〜600万円と言われていますので、独立行政法人で働く際の給料は業界としても少し高めになっています。独立行政法人とは、行政が関与しない団体や組織のことを指します。薬剤師の場合は、病院勤務と同様とみなされるので、イメージできない方は、大学病院や専門の医療機関で働くことを考えると分かりやすいでしょう。

では、独立行政法人で薬剤師として働くとは、一般の病院とどのように違うのかというと、診察や治療を含め、さらに医療に関連する調査研究や技術者の育成にも関わっているということです。この点を見ると、「医療」だけでなく、「研究」さらに「教育」の分野にも携わるということです。ここでの業務は主に診察と研究の二種類に分類されます。診察では、がんや感染症などといった難病と呼ばれる一般的な病院では取扱が難しい疾病を扱います。さらに一人一人の患者さんと向き合い、その病気に効果的な治療法を検討し、どの治療法が効くのかを考えます。

研究としての業務は、第一には新薬の開発。さらに、他の医療機関に向けて講演会を開催することもあります。さらに昇進して部長などのレベルになると、講演会の講師を務めることもあるでしょう。診察をする薬剤師である一方、研究者としての役割もあるので、他の独立行政法人や医療機関が開催する講演会やセミナーにも参加することがあります。

独立行政法人として働く上で、どのようにして年収をアップさせるかというと、今の職場で成果を残すことです。すでに薬剤師として独立行政法人で勤務しているのであれば、今行なっている研究に注力し、また診察の際も薬剤師としての職務を全うすることが大切。ただ、他の病院や企業と異なり、独立行政法人では給与体系が細かく規定されているので、就業規則等を確認し、どうすれば年収が上がるかを確認することが、年収アップの近道となります。逆に独立行政法人を目指すのであれば、しっかりとした実務経験が必要となります。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!