薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<大学病院の場合>

薬剤師の給料<大学病院の場合>

薬剤師が活躍できる現場はたくさんありますが、その中でも大学病院で働く薬剤師もたくさんいらっしゃいます。大学病院で働く薬剤師はいったいどれほどの給料をもらっているのでしょうか。

大学病院で働く薬剤師の平均年収は約400万円〜600万円と言われています。実を言うと、他の病院勤務の薬剤師と変わらないことが実情。年収が低い一方、大学病院で勤務するということは、一般的な病院と比べてたくさんの業務が存在します。薬剤師の一般的な業務は、薬の調剤や投薬などであり、診察から立ち会いを行い、患者にどのような薬を使用するかを決定します。大学病院が他の病院と大きく異なる点が、製薬会社から依頼を受け、新薬の開発を行なうことや、薬の購入から管理まで行なうことが、大学病院で薬剤師として働く上での追加業務になります。購入した物は管理薬剤師が厳重に管理を行ないます。大学病院のみならず一般的な病院も含めて、病院で勤務する薬剤師の年収はドラッグストアや製薬会社と比べると低いと言われています。その原因として、診療報酬や薬価の改定によって、病院が収益を上げにくい構造になっていることが挙げられます。

それでも大学病院で働きたいと思っている方はたくさんいらっしゃいます。そのような方が、なぜ大学病院での勤務を希望するのかというと、業務が多いことから数多くの経験を積むことが出来るからです。まず診察から患者と関わり、投薬を決めることは、調剤薬局やドラッグストアでは出来ない業務になります。直接患者の症状を知ることが出来ますし、また投与した薬が効果的だったかどうかも検証が出来ます。理論上だけでなく、実践的に薬の効果を知ることが出来るので、薬剤師にとっては大きなやりがいになるでしょう。

さらに、もう一つは新薬の開発に携われること。これこそ大学病院そのものの強みであると言えるでしょう。薬剤師という肩書きだけでなく、研究者という肩書きも同時に背負うことが出来ます。また大学病院そのものは最先端の設備が整っており、高度な医療に関わることが出来ます。給料だけではない魅力が大学病院にはたくさんあるのです。薬剤師として薬の調剤だけでなく、知識や技術の向上を図ることが出来ます。それでも年収の高い所で働きたいのであれば、他の職場を探すことをお勧めします。年収をアップさせる方法は、病院の中でも私立病院の給料が高いと言われていますので、上げたいのであれば転職先としてオススメです。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!