薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<中小企業の場合>

薬剤師の給料<中小企業の場合>

薬剤師の就職先の中でも一番割合が多いのは、ドラッグストアや調剤薬局ですが、その中でも中小企業のチェーン店に勤めている人が多いという統計が出ています。中小企業で薬剤師として働くことのメリットはたくさんあります。地元に密着した企業をほとんどですので、自分が育った地域で働くことができて、地域に貢献できるというやりがいを感じられるでしょう。また、それほど多くの店舗を抱えているわけではないので、転勤がほとんどありませんし、あったとしても限定された地域になります。さらに、お客さんとの交流が密になりやすいので、よりお客さんに近い距離で働けるという魅力もあります。

こうしたたくさんのメリットを持つ中小企業の薬剤師ですが、給料などの雇用条件という観点で見ると、やはり上場しているような大手企業よりは劣ってしまいます。中小企業の場合の給料はおよそ年間500万円が相場となっています。もちろん、これは平均的な収入ですので、経験やスキル、実績や勤続年数などによって異なります。月収に換算すると30万円ちょっとというところが基本給で、その他に残業手当や住居手当などの、各種手当が付きます。そして、80万円から100万くらいのボーナスが付くということになります。大手企業に比べると少ない年収と言われていますが、それでも安定した収入を稼ぐことができますので、お金の心配なく毎日の生活を送っていくことができるでしょう。

中小企業の場合もやはり、役職についていくことによって、より雇用条件が安定したものとなります。管理職に就くと残業代が出なくなりますが、それでも基本給のアップ分が多いので、より余裕のある生活を送れるようになります。店長やエリアマネージャーなどがその役職の代表で、600万円から750万円ほどがこうした管理職の年収平均となっています。管理職に就くと、薬剤師として調剤をしたりお客さんへの説明をしたりという業務が少なくなります。その代わりに、商品の選定や仕入れ、統括している店舗の管理など、管理職としての業務が多くなります。もちろん、社員教育や商品のマーケティングを行う際には、薬剤師としての専門知識と経験が必要となりますので、総合的なビジネススキルと薬剤師本来のスキルの両方が求められることになります。責任も大きくなりますが、その分良い収入という形で評価が受けられるのがメリットでしょう。中小企業でも、より責任ある立場に就くことによって、より高収入を望めるようになるのです。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!