薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<CRCの場合>

薬剤師の給料<CRCの場合>

薬剤師にはたくさんの働き方があります。最も多いのが調剤薬局で働く働き方でしょう。他にも病院で働く方法、ドラッグストアで働く方法、大学で働く方法などがありますが、最近人気の勤務方法は、CRCとして働く働き方です。ではこのCRCとはいったい何でしょうか。

CRCとは、Clinical Research Coordinatorの略で治験コーディネーターと訳されます。治験コーディネーターとは、新薬を発売する為に、人体で問題がないかを試す実験のことであり、その実験を法律や当初の計画、目的に則って円滑に運ぶ業務を行なう人のことを指します。治験コーディネーターには、国家資格はなく、薬剤師を始め、看護師や准看護師、管理栄養士や臨床検査技師などの経験があれば、誰でもなれる職種です。では、その治験コーディネーターはどれくらいの年収があるのでしょうか。

CRCの年収は約300万円〜1000万円と言われています。新卒で入社した場合は、初任給が22万円程度。年収だと270万円程度です。他の業種から転職した場合は、約300万円からスタートとなります。最初は低めですが、経験や実績を積むことでアップしてきます。特にプロジェクトマネージャーなどの重要な職に就くとかなりアップします。役職者までになると年収が1000万円程度になります。治験コーディネーターの働く企業は、主に病院かSMO企業です。SMO企業とは、Site Management Organizationの略で、治験施設支援機関と訳されます。

具体的にCRCはどのような業務を行なうのかというと、まずは新薬の理解を深める為の勉強会が開催されます。これは主に製薬会社の担当者が行ないます。その後プロトコルと呼ばれる計画書を作成し、それを基に担当医師や看護師、製薬会社の担当者や治験コーディネーターの立ち会いのもとミーティングを行ないます。この際、治験コーディネーターが司会進行を行ないます。ミーティング後にプロトコルに則った被験者の募集を行ないます。それは、医者の紹介や、一般に公募されることで決まります。

被験者が決定すると、インフォームド・コンセントと呼ばれる治験の概要や目的、主治医の説明などを行い、被験者に同意書にサインをもらいます。その後、治験がスタートし、その際CRCはフォローを行ないます。治験の期間は短くて1日程度。長い場合は1年にも及ぶ場合があります。このような業務を経て、治験を終えるとCRCは報告書を作成し、それでプロジェクトの終了となります。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!