薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<地方・田舎の場合>

薬剤師の給料<地方・田舎の場合>

一般的に地方や田舎で働くことは、都心部で働くことと比べてゆったりしており、給与も低めであることがイメージされます。ただ、薬剤師においては、その傾向はまったくありません。まず、給料は都心部より、地方・田舎の方がかなり高くなっています。

都心部と言えば、東京や大阪、名古屋ですが、それぞれのエリアにおける薬剤師の平均年収を見ると、東京は507万円、大阪は492万円、名古屋(愛知)は539万円となっており、それらの平均で見ると512万円が平均となっています。一方、地方や田舎を見てみましょう。地方・田舎の定義づけるのは難しいですが、平均年収が特徴的なエリアを見てみると、まず都道府県別で最も平均年収が高いのが山口県で691万円。次いで高いエリアが秋田県の634万円。最下位を見てみると香川県の383万円となっています。地方や田舎が必ずしも年収が高いという訳ではありませんが、エリアによっては都心部よりも200万円近く平均年収が高くなっていることが大きな特徴です。この点を見ると、エリアを絞らない転職を考えているのであれば、山口県や秋田県が非常に魅力的に移ると思いますが、本当に魅力的なのでしょうか。

これら薬剤師の平均年収が高くなっているエリアの特徴として、「薬剤師不足」が挙げられるそうです。それらのエリア勤務の現状は、どのようになっているのかというと、僻地であったり、コンビニがなかったり、金融機関が整っていなかったりします。場所によっては携帯電話の電波も怪しい所であるそうです。そのようなエリアには年寄りが多く、来客数は少なくないと言われていますが、基本的に一人で調剤を行なわなければなりません。休みも少なく、週休1日のことがほとんどであるそうです。つまり精神的 ・肉体的にかなり負担があります。実際に勤務すると、辞めたくなっても代替の薬剤師を見つけることが出来ないと、辞められないという現場もあるという噂。この点を納得して勤務するのであれば、かなりの高給が期待できると言われています。

近頃の法改正では、薬局では薬剤師がいないと、薬の調剤を始め、販売もできません。この点から調剤薬局やドラッグストアは、多少人件費が高くなっても、薬剤師を常に配置しなければならないという状態になっており、薬剤師がいないと経営自体が不可能な状況です。同じ県内でも働く場所によっては100万円ほどの給料の差が生じることも珍しくありません。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!