薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<病院薬剤師の場合>

薬剤師の給料<病院薬剤師の場合>

薬剤師の勤務する職場も、病院や調剤薬局やドラッグストアなど一人一人異なります。また同じ病院でも大学病院や一般の民間病院では、仕事内容も当然のことですが異なります。たとえば調剤薬局での薬剤師の主な仕事は、病院や診療所からの処方箋に基づき薬を調剤することです。 また調剤したお薬の用法・用量・副作用について、患者さんに説明することも調剤薬局で働く薬剤師の大事な仕事です。

一方の病院に勤務する薬剤師のことを一般に病院薬剤師と呼び、病院薬剤師の仕事内容は大きく分けて6つあります。ひとつは病院に来られた患者さんや、入院患者さんに対しての調剤です。担当医師の処方箋に基づき患者さんの薬の飲み合わせや、薬の副作用・分量・飲み方などを考慮しながら薬を調剤します。

次に処方する薬の効能・効果や、使い方や副作用などの注意点などを説明する服薬指導です。さらに薬剤管理指導も、病院で働く薬剤師の大事な仕事のひとつです。 これは処方した薬の効能や効果などの進行状況を患者さん一人一人に、客観的に収集したデータを元に患者さんに薬の情報提供を行うことです。

さらに担当医師や看護師などと連携をとり、患者さんにとって1番安全でかつ有効な薬を調剤します。これは病院内でのチーム医療の一環で薬物治療モニタリング(TDM)と呼ばれ、免疫抑制剤や抗てんかん薬や抗生物質などを調剤する場合に行われます。これらの薬を処方する患者さんの、血中濃度が異なるためです。

これら以外にも医師の処方せんのに基づき注射薬の調剤を行ったり、新薬の情報をできるだけ早く医師や看護師に伝えることも病院で働く薬剤師の仕事です。 ただ同じ病院でも大学病院に勤務する薬剤師の場合は、製薬会社からの依頼で治験を行なったり一般の民間病院とは多少異なります

病院薬剤師の給料ですが、新卒で300万円〜350万円が相場です。ですから月給にすると初任給で20万円〜25万円といったところです。大学病院に勤務する薬剤師の場合は、公務員の給料に準じているのでさらに安くなります。ただ大学病院に勤務する薬剤師の場合は、生涯年収では民間の病院に勤務する薬剤師よりも高いのが普通です。

新卒の場合でなくても病院薬剤師の給料は、薬剤師の平均年収である500万円前後よりも低いと言われています。薬学部の学生にも人気がある病院薬剤師ですが、なかには給料が高い病院もあります。もし給料が高い病院を探すのであれば、薬剤師の転職支援サイトに登録されてみては如何でしょうか?



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!