薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<物流センター・倉庫の場合>

薬剤師の給料<物流センター・倉庫の場合>

薬剤師が物流センターや倉庫で働くといったイメージは、異色と思われるかもしれませんが、実際には製薬会社の企業内薬剤師の仕事の一部として存在していたりですとか、ドラッグストアーや薬局を置く量販店の物流センター及び倉庫において管理薬剤師が薬品の安全性を確保するために常勤しているという実態があります。医薬品の他、医療部外品や化粧品、薬品機器の物流管理においても、薬剤師が関与しているので、薬剤師の業務の範疇としては大きいものがあるといえます。

企業の部署として、物流センターや倉庫に派遣される場合は、企業の給与体系によりますので、一概にこれという年収を挙げることは難しいですが、薬品業界であれば、新卒初任給400万円位から始まって、徐々に勤続年数や役職が上がるにつれて、年収も700万から800万円、管理職になれば、少なくとも1000万円という世界であることも少なくないといえます。資格手当は物流センターであっても、同等につきますから、同年代の一般社員の年収よりも多いかもしれませんね。ドラックストアーの物流センターや倉庫担当の場合は、薬品業界や医療品卸業界よりも少ないかもしれませんが、こちらについても資格手当等で一般社員より年収に厚みがあるといえそうです。残業等もそんなにありませんから、男女平等に働くことのできる、また女性においては結婚出産後も働くことができる部署の仕事ではないでしょうか。

ただし、転職するとなると、その求人はそんなに多くはないようですので、その点は、ずっとその部署や業態で働いてきた人にとっての転職市場としては、あまり活況を帯びているとはいえないかもしれません。また対人業務ではありませんから、社交的な性格の人には、物足りないところがあるかもしれませんね。

また職場についても、基本的には倉庫ですから、通勤場所として、都内一等地を求められるわけではないことは確かでしょう。

地味な面が強調されがちな職場と年収といえるかもしれませんが、安定して収入を確保できるという点を考えますと、安定志向の方には向いているかもしれません。最初から、この職種への就職を希望する場合には、求人としては、きわめて少ないと考えられますので、希望する人は、就職・転職サイトや募集HP等をこまめにチェックして、見つけた場合には積極的にアタックすることが必要だと思います。女性および中高年であっても力仕事という訳ではありませんから、働きやすい職種であると言えますよ。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!