薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<エリアマネージャーの場合>

薬剤師の給料<エリアマネージャーの場合>

薬剤師と一口に言っても、いろいろな役職についている人たちがいます。たとえば、調剤薬局やドラッグストアにおける薬剤師の仕事は幅広く、店舗での説明や販売のみに従事する人もいれば、店長という役職で管理業務を行う人も多くいます。そして、さらに高い評価を受けるようになると、エリアマネージャーとして働けるようになります。地域の統括管理という仕事が主な役割で、エリア内にあるいくつもの店舗を統括するようになります。エリアマネージャーともなると、薬剤師としてのスキルだけでなく、マーケティングや社員教育、人事など幅広い面における能力が求められてきますので、責任も多いですが、その分やりがいも強く感じられるでしょう。

薬剤師のエリアマネージャーは、やはり高収入となることが多く、800万円以上の年収を得ている人がほとんどです。調剤薬局やドラッグストアで、一般の説明、販売を行う薬剤師の年収が500万円から600万円となっていることを考えると、ワンランク上の年収を得られるということで、より良い条件で働けるようになります。一方で、管理職となるため、残業手当が加算されないなどの変化が出てきますので、働き方をよく考えないと、実質的にはそれほど年収アップとなっていないような感覚になる可能性もあります。実績をしっかりと残すことが求められますので、効率よく時間を用いて働くというスタイルを造り上げることが重要です。

エリアマネージャーの仕事にはいろいろことが含まれます。特に、地域によって、また季節によって売れ筋となる商品がかなり変わってきますので、いかにその商品を決めるかが腕の見せ所と言えるでしょう。また、定期的にエリア内の店舗を巡回して、それぞれの店舗にアドバイスを与えていく必要もありますが、短時間で店舗の特徴を見極めて、売り上げをアップさせるためのポイントを見つけなければなりません。こうしたスキルは、薬剤師本来の能力とは異なるものですので、医薬品についての勉強を行うとともに、一人のビジネスパーソンとしてのビジネススキルを伸ばしていく必要があります。

このように、エリアマネージャーとして働く薬剤師には、基本的な薬剤に関する知識やスキルだけでなく、マーケティングや人事、教育などに関する幅広いスキルが求められます。責任も大きいですが、その分収入も高いですので、やりがいを感じながら仕事ができるでしょう。この役職を目指して頑張っていくのも良いでしょう。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!