薬剤師給料トップページ > 薬剤師の給料<アメリカの場合>

薬剤師の給料<アメリカの場合>

アメリカは日本と比べて、専門職の給料がとても高いという傾向が見られる国です。特に、医療系の職業についているスペシャリストではその傾向が特に強いのが特徴です。薬剤師もその一例で、アメリカにおける高収入を得られる職業の一つとなっています。もちろん、日本でも薬剤師は高収入が得られる職業の一つですが、それでもアメリカの薬剤師の給料は頭一つ抜けていると言えるでしょう。

アメリカの薬剤師の働き口は、日本とだいたい同じような職場となります。ドラッグストアや病院、製薬会社、開発機関、官公庁などがメインとなります。その全体での平均収入は1,200万円ほどとなっていて、かなりの高収入が約束されていることが分かります。もちろん、これは平均的な収入基準ですので、これ以上稼いでいる人も多くいますし、基準以下の収入の人もいます。働く場所や勤め先の企業によってもかなり差があるからです。

なぜこれだけ高い収入が得られるかという理由についてはいろいろな要素がありますが、一つには日本より薬剤師が持つ権限が大きいということが挙げられます。州によっても若干の違いがありますが、総じて薬剤師にも薬を処方する権限が与えられていて、医師が処方した薬をチェックするだけではないのです。それで、何らかの体調不良を感じた際に、それほど重篤でないのであれば、病院に行って医師の診察を受けるのではなく、薬局に行って薬剤師に薬を処方してもらうというスタイルが一般的に見られます。アメリカは日本のような充実した保険制度の普及が進んでいないため、高額な医療費を回避するために、このような方法を採っているのです。

こうした事情に対応するためにも、薬剤師は日本よりも総じて高いレベルの教育と厳しい試験にパスする必要があります。専門の教育を受けることはもちろん、2種類の厳しい試験を受けて登録をしないと、薬剤師としての免許を持って働くことができないシステムになっています。また、こうした教育を受けるためには、多くの場合高額の学費がかかるという現実もあります。

日本における薬剤師の資格を持っていても、そのままアメリカで一般の薬剤師業務をすることはできません。業務内容や州によっても異なりますが、必要なライセンスをアメリカ国内で取り直すことが必要になるケースがほとんどです。もしくは、大学への留学をして必要な教育課程を受けることが求められることもあります。しかし、よりレベルの高い医療現場に触れられますので、キャリアアップのためにアメリカでの仕事を考えるのも良いでしょう。



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!