薬剤師給料トップページ > 薬剤師の年収1000万円の事例

薬剤師の年収1000万円の事例

薬剤師の勤務先も病院や調剤薬局の他にも、ドラッグストアや製薬会社などさまざまです。このようにさまざまな職場で必要とされている薬剤師ですが、薬剤師の年収には勤務先によってもかなり差があります。薬剤師の平均年収は500万円前後ですが、たとえば病院や調剤薬局に勤務する薬剤師の年収は、だいたい400〜600万円程度です。

またドラックストアに勤務する薬剤師の年収は経験や、地域によっても違いますがだいたい400〜700万円程度です。製薬会社に勤務する薬剤師の年収は、およそ400〜800万円です。製薬会社に勤める薬剤師の場合は普通、CROの営業職で成果主義のために年収に差が生じます。薬剤師の給料は薬剤師になるまでの学費を考えると、薬学部を卒業した後に得られる給料は少ないと言われています。

そんななか年収が1000万を超える薬剤師がいます。中には本当に年収が1000万を超える薬剤師がいるのかと、疑問に思っている薬剤師の方もいるかもしれません。しかし年収が1000万を超える薬剤師は実際にいます。例えば薬剤師でも大学の薬学部の教授であれば、年収も1000万円を軽く超えます。大学の薬学部の教授は薬剤師本来の仕事から考えると少しかけ離れていますが、大学の薬学部の教授の年収は1300〜1400万円程度です。

しかし年収が1000万円を超える薬剤師は少なく、大学の薬学部の教授の他にはCROの営業ぐらいです。それでも僻地や離島などであれば、年収が800万円を超える薬剤師はいます。さまざまな手当やプラスアルファで、年収が1000万円を超える薬剤師がいるかもしれません。ただ実際にはよほどの経験やキャリアがなければ、1000万円の大台は難しいのが現実です。

また薬剤師の資格を持っていて自分で薬局やドラッグストアを経営している方のなかには、年収が1000万円を超える場合があるかもしれません。しかし自分で薬局やドラッグストアを経営するとなると、莫大な資金が必要となります。それに薬局やドラッグストアなども最近では、資金を持った大手企業が参入しています。

このように見てみると薬剤師で年収が1000万円を超えるのはバブル時代であればあったかもしれませんが、現在のように不景気な時代では限られてくると言えます。それでもこの不景気な時代のなかでも、薬剤師の年収は比較的いいほうです。ただ今後は新しい薬剤師の活躍できる場が誕生すれば、年収が1000万円を超える薬剤師も夢ではないかもしれません



高収入求人多数!薬剤師求人ランキング!